Charlieの家

ほぼ自分のためだけの備忘録と化してます。
<< おまけつき新婚生活 | TOP | 愛の神、エロス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
天空の草原のナンサ
テアトルタイムズスクエアにて鑑賞。
モンゴルの風景と、可愛くて幼いきょうだい達が見たくて。

「天空の草原のナンサ」
監督:ビャンバスレン・ダヴァー
出演:モンゴルの草原に住むバットチュルーン一家、犬のツォーホル
物語:6歳の少女ナンサとその幼い妹・弟は、モンゴルの草原で
父母とともにゲルに暮らしている。
ある日、ナンサはほら穴でぶちのある犬を拾い、ツォーホルと名づけ
連れ帰って飼おうとするが、狼の害を恐れる父は、狼の仲間かも
知れないと言って、飼うことを許してくれない。
ゲルの移動時期になり、父はゲル跡地に犬を置いて行くことにする。
が、犬が気になるナンサは大変なことをしてしまい…

読書ドキュメンタリー「らくだの涙」の監督の撮ったフィクション。
 本当〜に、幼い姉弟がひたすら可愛い。ほっぺが真っ赤で愛らしい。
 笑顔がとっても無垢なのよね〜日本人の子供には無い感じ。
 あと、両親に全幅の信頼を置いていて、親の言うことは良く聞いて
 お手伝いする。きょうだいはお互い助け合う。そしてお父さんは力強く
 お母さんは懐が深い。理想。本当に良い家族。
 でもストーリーはなんてことないの。
 「モンゴリアンピンポン」と同じような感じです。
 そこが、イラク映画とかと違って平和なところとも言えますが…
 
 草原と馬、羊、ゲルでの素朴な暮らしを見て癒されることは間違いなし。
 そして普段の自分のギスギスした生活を振り返って反省できるかも。
 そういう点でも、オススメします。
| 映画 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:47 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://charliebrown.jugem.jp/trackback/85
トラックバック
映画『天空の草原のナンサ』78点 (2/24*金)
仕事の待ちの時間に今日は映画を友人と観に行った。 この映画の始まりは、父と娘が羊を葬る場面から。 「生き物の体は死んでも魂は死なない」 父はそう娘のナンサに教えて羊の魂が天に帰れるように儀式をする。 ここはモンゴルの大草原。どこまでも広い空と広い大地。
| しらの風景 | 2006/02/24 8:12 PM |