Charlieの家

ほぼ自分のためだけの備忘録と化してます。
<< ラヴ・ディクショナリー | TOP | 50回目のファースト・キス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
20、30、40の恋
20、30、40の恋

監督:シルビア・チャン
出演:シルビア・チャンレネ・リュウアンジェリカ・リー
物語:台北に暮らす、20代、30代、40代女性の恋愛と人生の物語。
マレーシア華僑の20代の女性は、歌手になるという夢のために台北にやって来る。
コンビを組む香港人の女の子と一緒にレッスンを受けるが、デビューの目処は立たない。
そのうち2人は親友となるのだが…
30代の女性はフライトアテンダント。台北に年下の恋人と年上の不倫相手がいる。
アメリカには別れた恋人も居て、たまに電話をする。
離婚した母の姿を見ていることもあり、この人、と決められない自分が
うっとうしく、人生行き詰まり感がある。
40代の女性は、台北で花屋を経営し、夫と海外留学中の娘が居たが、
夫が若い不倫相手ともう一つの家庭を築いていることを知り、離婚する。
40代でもまだまだこれから、と新しい恋人作りに励むのだが、
現実はそう上手くいかず。

読書公開されるかなと待っていましたが、ストレートビデオでした…
3人の女性が、それぞれの年齢に合わせて人生に悩んでいる辺りがリアルに感じます。
特に30代、何か分かるわ…でも恋人が二人も居る時点で羨ましさ千倍(笑)
見終わってちょっと切なくなりましたが、でも「明日があるさ」的な
さわやかさも残りました。

男性陣もアンソニー・ウォンリッチー・レンレオン・カーファイなど、豪華です。
見て損はないのではないでしょうか。
| 映画 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:47 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://charliebrown.jugem.jp/trackback/80
トラックバック
映画『20.30.40の恋』
原題:20 30 40 地震に一度ならず、二度三度と見舞われる、大きな被害はないが、その度に心の痛みは増していく、人生の悲哀を噛み締める、挫折の後に幸せは来るのか 客室乗務員の想想(レネ・リュウ)は男に恵まれない、まぁ、無理もないかな、原因は内なる自分
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/10/12 2:21 AM |